お知らせ

新型コロナウイルス感染症5類移行に伴う対応の変更について

2023年5月8日より新型コロナウイルス感染症の取り扱いが5類へ移行となりました。しかし、感染症が消失したわけではありませんので、今後も当院では感染拡大の予防、感染防護を行いつつ、対応を以下のように変更いたします。

1、新型コロナウイルスの検査料の自己・保険負担
 これまで検査料は公費での全額負担となっておりましたが、今後、自己および保険負担となります。しかし、感染は未だ残存しており、感染率の高さの懸念から、当院としては発熱患者を中心に必要に応じて検査を行なっていく予定です。その際は窓口負担が増えることとなりますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2、発熱患者の隔離対応について
 受診時発熱(37.5度以上)のある方、解熱後24時間経過していない方とその家族は、従来通りの隔離対応をいたします。

3、マスク着用について
 マスク着用は個人の自由となっていますが、院内のマスク着用は従来通り全員義務といたします。

4、耳鼻咽喉科処置について
 耳鼻咽喉科処置、ネブライザーは、飛沫感染予防の観点、感染拡大の状況、症状の状態による処置の必要性から随時対応してまいりましたが、今後は新型コロナウイルス確定例、疑い例、ほか飛沫感染の危険性のある疾患以外では基本制限なく行なって参ります。

一覧へ